音楽と共に。

生まれた時からずっと私の成長を見守っていてくれた我が家のお雛様。

 最後にお誕生日を日本で、そして実家で迎えたのは10年以上も前のお話。

家族にお祝いしてもらい、ケーキまで用意してもらい、素敵なスタートを切る事が出来ました。

さて、昨日は新しい生徒さんの為に、一緒に楽器を選びに行きました。

まだ2歳9か月という生徒さんの為に用意してもらったのは、32分の1という最少のヴァイオリン。

初めてヴァイオリンを触って、満面の笑顔を見せてくれた彼女を見て、この先、彼女にとってヴァイオリンが、そして音楽が、生涯の支えと、憧れになってくれる事を願わずにはいられません。

どうか、昨日感じた想いを彼女がずっと持ち続けてくれます様に・・・・・・。

北国で育ったせいか、季節の変化には敏感(特に匂い)な私。

春、もうすぐそこまで来ています・・・・!!